小説やアニメ、映画などを語れる隠れ家を所望するっ!

気に入った漫画や小説、アニメやゲームをがむしゃらに紹介していくブログ

【アニメ】今期のダークホース枠…「ひとりぼっちの○○生活」6話の感想

 

 

 

皆さんは女子しか出てこないアニメは好きですか?

 

私はそんなに好きじゃないです。

 

そんな私でも見てしまうのが「ひとりぼっちの〇〇生活」。このアニメって実は………

 

秀逸な日常系ギャグアニメ

 

なんですよね。登場人物の奇人変人ぶりとそれに付随する可愛さを楽しむものでした。

 

1話を観て主人公の自己中心的な行動に切ろうかな~とか思っていたんですが…2話以降からギャグが鋭くなり面白くなってきました。

 

そして6話現在高水準を保っております。これほどうれしいことはない(アムロ風に)

 

 

■全体の概要

 

中学生になった主人公・一里ぼっちは、別の学校に行ってしまった親友の八原かいに「中学校のクラスメイト全員と友達にならないと一生絶交」と言われてしまう。

 

ぼっちは親友のかいと絶交しないために色々と頑張り何人か友達ができるが…友達も一癖も二癖もある奇人変人であった…。

 

このアニメは一里ぼっちとその友人たちとの面白おかしい日常を描いたギャグアニメ作品となっています。原作は4コマ漫画で「コミック電撃だいおうじ」で連載中。単行本は5巻まで発売中。

 

 ↓ PV第2弾

www.youtube.com

KADOKAWAAanime チャンネルより

 

 

■6話の概要

 

(前半)

授業で前に出て俳句を発表することになったぼっち。なんとか体調を崩して休もうとするもそれも叶わず。緊張しながら壇上に立つボッチの運命はいかに…。

 

ぼっちの友達・砂尾なこにビビッて綺麗なお辞儀をする先生にも注目。

 

(後半)

テストで赤点をとってしまった友達のなこのために、ぼっちによる「爆笑ぼっち塾」開校。なこは果たして補習で70点以上とれるようになるのか?

 

 なこを怖い人と思ってしまっている先生の勘違いもさらに加速していく…。

 

 

■感想

 

・どことなくギャグのセンスが「日常」に似ている

 

学校を休むために冷たいシャワーを浴びるぼっち…行動がアニメ「日常」に出てくる11話のゆっこと同じじゃないですかw

 

本庄アルのロケット頭突きツッコミといい、どことなく「日常」を感じさせてくれる描写多くないですか?

 

学生が全力でおかしな行動をしてくれるところが似ているのかな~?本人たちは至って真面目なところがさらに面白いです。

 

 

・なこにビビる先生

 

なこが金髪で制服も着崩していることから恐れてしまっている先生。その先生ですが…

 

お辞儀がとってもきれい

 

舎弟根性が完全に染みついちゃっているじゃないですか…。

 

なこの友達でもあるぼっちにも勘違いからビビり始めた今日この頃w

 

 

・本庄アル

 

5話ではメインを張って残念度をさらに上げたアルですが…今回も残念ポイントを盛り込んできやがるw

 

頭のリボンが風呂上りになっているのは予想外だよっ!

 

あと全編を通してがんばれビームが連発されているような…。残念な子がさらに印象付けられる。

 

 

・爆笑ぼっち塾

 

さすがぼっちの考えることは一味も二味も違うぜっ!

、 

笑い声をわざとらしく挟んで教えていく塾…斬新すぎる発想だよっ!

 

あとぼっちのヒントの出し方も斬新だった…。この作品、予想外の展開多すぎる…。

 

そしてこの爆笑ぼっち塾…最終的には校歌が出来上がるという…。特殊EDにまで食い込むよw

 

わっはっはー わらえ~ば~ すごい点と~れ~る~

 

 

■まとめ

 

うーむ、今回も斜め上の行動や考え方がたくさんありました。予想を面白く裏切ってくれるギャグアニメは大好きです。

 

なんか最終的には友情を感じさせてくれる流れになりますし…ゆるい日常系に見えて起承転結がしっかりしている良い作品ですよね。

 

2話から面白さが安定しているので、この調子で最後まで駆け抜けてもらいたいです。

 

ちなみに今のところ一番面白かったのは5話。アルのキャラソンが流れたところは笑わずにはいられなかった。

 

この面白さ…今期のダークホース枠だったことはまず間違いないっ!

 

 

 ↓ 公式ページはこちら


hitoribocchi.jp

 

↓ ランキング参加中。クリックよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村