小説やアニメ、映画などを語れる隠れ家を所望するっ!

気に入った漫画や小説、アニメやゲームをがむしゃらに紹介していくブログ

【漫画】魔法と科学とお笑いと…「キャンパスの魔法使い」2巻の感想

 

 

1巻より面白さ倍増!

 

う~ん、1巻と比べると………2巻のほうが圧倒的に面白いですね~w

 

↓ 1巻の感想はこちら

www.kakuregasyomou.com

 

なぜでしょうね~?先生と小太郎の仲が深まったことか…それとも先輩の回復舞踊のせいか…。

 

ん?魔法と科学の融合はどうしたって?

 

相変わらず見事な発想でしたが…先輩の回復舞踊がすべてもっていったw

 

というわけで今回は腹を抱えて笑った「キャンパスの魔法使い」2巻の感想を書いていきます。

 

 

 

あらすじ

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812050341p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻18頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

 敬愛する魔女・ありす先生と一緒に、実家へ里帰りすることになったコタロー。その目的は両親へのご挨拶…なハズはなく、野生化したゴブリンを退治すること! そして次第に明かされる、コタローが知らないありすの「秘密」とは――。魔研の先輩もゾクゾク登場、師弟愛あふれる現代魔法コメディ♪

 (引用元:Amazon「キャンパスの魔法使い」2巻の内容紹介より)

 

現在 ウェブコミック配信サイトのコミックDAYSにて連載中。

 

単行本は2巻まで発売中。(2019年8月12日現在)

 

 

 

 

公式ページははこちら(何話か無料で読むことができます)

 

↓ 試し読み

comic-days.com

(引用元:コミックDAYSの公式ページより)

 

 

 

感想

 

①回復舞踊

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812050155p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻100頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

これが…回復舞踊だ!(笑)

 

1巻で先生が学長にかけたハゲ魔法を解除するために、研究室の先輩で回復舞踊の使い手でもある「鈴白 真白」が登場します。

 

予想はできていたんですよ。でも………

 

予想を超える踊りと展開で腹筋をもっていかれたw

 

引用して載せた画像はまだ序章です。この踊りとその後の展開は漫画を購入してぜひ読んでいただきたいです!

 

アマテラス可愛いよアマテラス

 

 

 

②先生と小太郎の仲

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812045716p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻70頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

先生の言動はド直球!

 

先生の小太郎への好意や言動がド直球で飛んできます。

 

小太郎「(ゴブリンと戦った俺)どのくらいかっこよかったですか?」

 

先生「けっ…結婚したいって思うくらい⁉」

 

私「ファッ⁉」

 

ぶちゃけ………かわいいわなw

 

こんな感じで時々ぶっこんでくるから油断できね~。

 

 

 

③先生の謎

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812045530p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻72頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

先生の過去が超気になる!

 

イモータル症候群(不老不死)とか日本魔法士連合会初代会長の立場とか…先生の過去に一体何があったのか…非常に気になりますね~。

 

2巻のしょっぱなから先生の回想で始まってますしね…。

 

けどすぐにコメディに転じる潔さがこの漫画の良いところw

 

お笑いとシリアスのバランスがちょうどいい作品です♪

 

 

 

④ゴブリン

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812045005p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻154頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

ええ話やないかい(泣)

 

問題を起こしたゴブリンたちへの対応が最高でした。

 

そして巻末の「八神さんちのゴブリン」…八神家族のあたたかさが詰まり過ぎている…。

 

いいぞもっと書け!(切望)

 

これだけで一本日常系の漫画が作れそうな気がするw

 

 

 

⑤魔法と科学の融合

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812051523p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻56頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

えげつなさに定評のある主人公

 

1巻のサラマンダー召喚に引き続き…

 

・しょぼい魔力撃をプログラミング化して8万発(2時間)打ち続ける

・ゴーレムにAIチャットボット機能を搭載して受け答えさせる

 

などなど、小太郎の考えた現代科学と魔法を絡めた発想が出てきます。

 

この漫画は本当に…目の付け所がシャープだね!

 

でも個人的に一番好きなのは現代文化と魔法を絡めた回復舞踊ですが(笑)

 

 

 

まとめ

 

f:id:yamasanyamasan30:20190812051653p:plain

引用元:「キャンパスの魔法使い」2巻91頁 著者・さねすえ 出版社・講談社 (2019/8/8)

 

1巻の内容を全体的にパワーアップさせた内容だった!

 

1巻のサラマンダー召喚のインパクトを超える展開はないだろうと思いながら読んでいたのですが、軽く超えていきましたねw

 

先生と小太郎の関係、一癖ある登場人物、家族のやさしさ、そして魔法と科学の融合(笑)…すべてにおいてパワーアップしていました。

 

小太郎も先生の謎にめげた様子もないですし3巻の展開も楽しみです。

 

果たして小太郎は落ち込んだ先生にどんなアプローチをしかけていくのか…。

 

 

 

関連記事

www.kakuregasyomou.com

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。