小説やアニメ、映画などを語れる隠れ家を所望するっ!

気に入った漫画や小説、アニメやゲームをがむしゃらに紹介していくブログ

【自己啓発本】「筋トレが最強のソリューションである」の感想

 

 

やっぱり筋トレすれば色んなことがよくなるというお話

 

前に紹介した「超筋トレは最強のソリューションである」の前作に当たる作品「筋トレは最強のソリューションである」も再度読んでみました。

 

 ↓ 「超筋トレは最強のソリューションである」の記事

www.kakuregasyomou.com

 

内容としては超筋トレとかぶる部分もありましたが、「おっ!」という考え方をまたいくつか見つけましたので、それらを中心に感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

①物理的に排除できる自信

 

個人的に1番心に残る考え方!

 

やはり何度読んでみても「いざとなれば力づくで取引先も上司も葬れる全能感」に憧れますねw

 

自信の極致にある考え方の1つだと思います。

 

私もこんな自信が欲しいです…割とマジで!

 

 

 

②困ったり悩んだりしたらとりあえず筋トレ

 

とりあえず筋トレしていればなんとかなる理論

 

筋トレして損をすることが思い浮かばないですよね。

 

メリットしかないのでやっておいた方が色々と得な気がしてきますわ。(洗脳察れている?)

 

筋トレは1番簡単に自分を変えられる方法かもしれません。

 

 

 

③筋トレ義務化

 

義務化よりは義務教育に取り入れて欲しい

 

義務化はともかく、ジムの通い方やマシーンの使い方は義務教育で教えてもいいんじゃないかなー?と思っちゃいました。

 

やるやらないは本人の自由ですが、やり方や楽しさを知っていると今より筋トレする人が増えそうな気がするんですよね。

 

筋トレの力で日本を豊かにしていくしかない!(洗脳進行中)

 

 

 

④運動嫌いな人こそ筋トレを試してみるべし

 

筋トレは呼吸が乱れづらいよね

 

運動嫌いの私から言わせていただくと…

 

呼吸が乱れるのがものすごく苦痛!

 

ランニングとかは全身運動なので慣れるまではかなり呼吸が乱れますよね。

 

その点、筋トレは部分的な運動になるので呼吸が激しく乱れることはないんですよ。(特にマシーンを使った筋トレ)

 

そう考えると確かに筋トレは運動嫌いな人向けの運動なのかもしれません。

 

ただし…呼吸を止めてしまうと酸欠にはなるから要注意w

 

 

 

⑤お手軽な限界突破

 

筋トレは毎回限界突破やっ!

 

他の分野では限界突破なんて何度もあるもんじゃないですよね。

 

だけど…筋トレを行うと筋繊維を破壊しようとして毎回限界突破することになります。

 

つまりこれは…限界突破の経験をたくさん積めるってことだってばよ!(極論w)

 

限界突破を積み重なることでどんどん自信に繋がるってことか…

 

どんどん筋繊維破壊していくしかねーっ!

 

 

 

⑥やる気出すためにも筋トレ

 

20歳でテストステロンが減少していく…だと…

 

テストステロンが減少していくとやる気や自尊心、向上心も無くなってくるわけでして…。

 

正直かなりまずい減少ですよね。

 

休みの日に何もやる気がなくてゴロゴロしてしまっていませんか?

 

ひょっとしたらテストステロン大幅減少しているのかもしれませんよ?

 

筋トレ…やってみる価値はありますぜ!

 

 

 

⑦大統領も筋トレしていた理由

 

オバマさんもゲイツさんも筋トレやジョギングしてた…だと…

 

忙しい人も筋トレはするんだから…やはり何かしらのメリットがあることは間違いないでしょう。

 

やはり筋トレは義務化するべきなのか…ウゴゴゴゴ…。

 

 

 

⑧筋トレすると規則正しい生活になる

 

筋肉を大事にすると成功者になれる

 

筋トレがライフワークになると栄養補給やトレーニング時間・睡眠時間の確保などタイムマネジメント能力が身につくらしいです。

 

タイムマネジメント能力が身につくと生活や仕事にメリハリがついて、成功者になりやすくなると…。

 

まぁ成功者になれるかどうかは別にしても、今までの話を統括して考えると自分のことを誇れる人には確実になれそうです。

 

筋肉を作ることでよりストイックな自分を作れるようになるということではないでしょうか?

 

 

 

⑨女性への接し方

 

このアドバイスはなぜか筋肉関係ないw

 

女性と接するときは「自分の娘にされて嫌なことはするな」というのを基準にすると良いと書いてありました…。

 

なっ…なるほどね!

 

一つの判断基準としては分かりやすくてアリな気がします。

 

確かにどの女性もみんな誰かの愛する娘さんですものね。(逆もまたしかり)

 

自分が荒れているときは思い出したい言葉だと思いました。

 

 

 

アメリカではお尻>おっぱい

 

お尻は努力の結晶!

 

生まれ持ったものがおっぱい、努力で美しくなるのがお尻…それが周知されているアメリカではお尻>おっぱいになるそうな!

 

なるほどね…目から鱗な知識ですわ…。

 

 

 

⑪学生時代に出会う異性は代わりが効かない

 

わかる!

 

学生時代の出会いはしがらみが少ないからお互いを等身大として見て接することが出来るような気がします。

 

働き出すとそうはいかない…(泣)

 

学生時代の出会い…最高に大事!

 

 

 

まとめ

 

 やっぱりTestosteroneさんの理論や例えは面白いw

 

 筋トレ義務化のとんでも理論やら筋トレを害のない麻薬で例えたりとか…この本を読んでいると読者が理解しやすいように…笑ってもらえるようにと心配りしているのがよくわかりますね。

 

筋トレに興味がなくても、笑える本・楽しめる本が読みたい人にはぜひお勧めしたい一冊です。

 

ぜひ皆さんも読んでTestosteroneさんの心配りを感じてみてください。

 

そして…感銘を受けたら筋トレ始めてくださいw

 

 

 

似ている作品

 

ダンベル何キロ持てる?

 

  

女子高生のヒロインが同級生や先生、マッチョのトレーナーと一緒に筋トレを頑張っていく漫画。

 

現在アニメも放送中で大人気。正直初心者には分かりやすくてありがたい筋トレ説明作品。

 

筋トレしたくなる自己啓発という点で似ていると思います。

 

↓ AmazonPrimeの会員ならアニメ1話~最新話まで無料で視聴可(2019年8月現在)

 

↓ 1話と最新話をニコニコ動画で無料視聴可能(2019年8月現在)

www.nicovideo.jp

 

↓ 筋トレのお供に人気のある主題歌

www.youtube.com

 (引用元:KADOKAWAanimeチャンネル公式より)

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。