小説やアニメ、映画などを語れる隠れ家を所望するっ!

気に入った漫画や小説、アニメやゲームをがむしゃらに紹介していくブログ

【ラノベ】一気に読み進められた「化学で捗る魔術開発」の感想

 

 

 

面白い作品っていうのは…どうやっても手が止まらなくなるもんだ

 

自分好みの本当に面白い作品に出会ったときの目安として、読むのが止まらなくなるというものがあります。

 

今回ご紹介する「化学で捗る魔術開発」もそんなライトノベル作品でした。

 

簡単に説明すると、研究者だった主人公が突然死し魔法のある異世界に乳児として転生、成長してどんどんすごい発明しちゃうよ~といったお話です。

 

最近ではありふれた設定ではありますが…主人公の心情や考え方が細かく描かれているため読みやすくて面白いんですよね。

 

 

 

あらすじ

 

f:id:yamasanyamasan30:20190822051815p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻3頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

 「やさしさが強さになる、そんな異世界があったっていい」
過労死してしまった有機化学者の青年が気がつくと、赤ん坊・アインに生まれ変わっていた。そこは魔術の存在する異世界。双子の弟・カイルとともに、前世の記憶を魔術に活かして少しずつ周りに影響を与えていくアイン。いつしかそこには仲間が集い、それは世界を変革するほどの力へと変わっていく。「小説家になろう」発、化学の知識とやさしさで異世界に変革を起こすヒューマンファンタジー!! 

 (引用元:Amazon「化学で捗る魔術開発」1巻の内容紹介より)

 

Mノベルスから2巻まで発売中。

 

 

 

 

 

感想

 

①乳児として転生

f:id:yamasanyamasan30:20190822045250p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻163頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

赤ん坊時代が描かれている異世界転生…嫌いじゃない!

 

「化学で捗る魔術開発」の主人公・アインは、異世界で再び生を受けることに…。

 

つまり乳児からリスタートです!

 

「え~、乳児から始まるのかよ、読むのめんどくさそう…」と思うことなかれ。

 

乳児の時代も思考を続け…

 

・自分の環境の確認

・自分の体に流れるオド(魔力)を循環させて訓練

・双子の弟・カイルにも訓練を叩き込む

・屋敷のメイドの子・ルイズのヤキ入れを撃退し、惚れさせる?

・ルイズにもオド循環を教え始める

 

乳児のころからイベントてんこ盛りw

 

↓ ルイズのヤキ入れ阻止

f:id:yamasanyamasan30:20190822052048p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻232頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

これら乳児時代のエピソードにより、のちのアインの偉業を自然と受け入れられるようになったのかもしれません。

 

感覚としてはナイツ&マジックの主人公・エルネスティの幼少時の努力に近いかも…。

 

↓ 「ナイツ&マジック」を知らない人はまず無料で観れるアニメ1話を観てみよう

www.youtube.com

 (引用元:BANDAI NAMCO Arts Channelより)

 

 

 

②少年時代(2巻終了の時点で11~13歳くらい)

 

f:id:yamasanyamasan30:20190822052212p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻2954頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

商売もすれば戦闘もする…世界の流通だって整えちゃう

 

自分を鍛え、人を助け、信頼を勝ち取り、世の中を変えていく…それが異世界転生物の醍醐味の一つですよね~。

 

「化学で捗る魔術開発」の主人公・アインもその例にもれず、一緒に育ってきた弟のカインや幼馴染のルイズとともに修行を行い様々な偉業を成し遂げていきます。

 

大きく分けると…

 

・街で学校に通いながら自己流魔術訓練

・魔法学院に入学し、魔法の勉強。親戚の商売を手伝ったり剣術道場にも入門

・魔法学校を卒業し高速馬車を製作・運用して商売を始める

 

こんな感じの流れになります。

 

↓ 剣術道場の師匠

f:id:yamasanyamasan30:20190822052412p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻2333頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

この流れの中でも

 

・密航していた獣人の少女を助ける

・親戚の商売敵からの襲撃を防ぎ、親戚を守る

・謎の病にかかった少年を抗生物質を作って助ける

・協調性のない騎士をコテンパンに負かして改心させる

 

などなど様々な出来事やアインの優しさ・想いが描かれており、先が気になって手が止まりませんでしたw

 

↓ 密航していた獣人の少女を介抱するシーン

f:id:yamasanyamasan30:20190822052534p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻1771頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

 

 

③化学要素

 

f:id:yamasanyamasan30:20190822052628p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」2巻397頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/7/30)

 

専門用語が少なめで助かる!

 

H2OやCO2などの化学式や専門用語はほとんどありませんでしたね。

 

かといって説得力がないわけではなく、「~したからこうなった」という原因と結果を分かりやすく丁寧に描いています。

 

ただ化学というよりは経済や商売の知識の方が目立っていたかも…。

 

 まぁクドクドした説明はありませんでしたので、化学や商売に詳しくなくても問題ありません。

 

 ↓ 例

f:id:yamasanyamasan30:20190822052908p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」1巻1894頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/2/27)

 

 

 

➃ヒロインについて

f:id:yamasanyamasan30:20190822053227p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」2巻842頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/7/30)


 

誰がメインヒロインかよくわからぬ

 

第一候補は乳児からの付き合いのルイズ、第二候補は病の兄を助けてもらったティアナといったところでしょうか?

 

ぶっちゃけこの作品…まず恋愛パターンがよくわからね~。

 

大体ライトノベルの恋愛パターンは以下の4つくらいに分かれているんですよ。

 

・1対1で落ち着く!メインヒロインパターン

・多数の女性と付き合う!ハーレムパターン

・2人どちらも選んじゃう!ダブルヒロインパターン

・ラブコメなんてなかった!誰とも付き合わない孤高パターン

 

 この作品は…う~ん、2巻までではイマイチ判別できませんでした。

 

個人的にはメインヒロインパターンのような気もするんですけどね~。

 

ちなみに私はティアナ派です。理由?…一番アインの本音に近づけたからかな~。

 

↓ ティアナ

f:id:yamasanyamasan30:20190822053358p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」2巻2732頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/7/30)

f:id:yamasanyamasan30:20190822053613p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」2巻2744頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/7/30)

 

でも幼馴染補正でルイズに負けそうな気がするw 

 

 

 

⑤イラストの絵師はtoi8さん

 

 

 

この絵師さんのイラスト、好きですわ~

 

 toi8という名前で活躍しているイラストレーターさんですね。

 

ライトノベルのイラストでちょくちょく見かけます。

 

有名どころとしては

 

ライトノベルまおゆう魔王勇者」の表紙・挿絵

・ゲーム「チェインクロニクル」メインキャラクターデザイン

 

といったところでしょうか?

 

ちなみに私はライトノベル「再現使いは帰りたい」の表紙・挿絵の印象が強いです。

 

 

 

 

まとめ

 

f:id:yamasanyamasan30:20190822051706p:plain

引用元:「化学で捗る魔術開発」2巻3頁 著者・瓜生久一 出版社・双葉社 (2019/7/30)

 

主人公がかっこいいんだろうな~

 

この記事書いている間も色々と考えましたが、この作品の一番の魅力はかっこいい主人公…その存在に尽きると思います。

 

困っている人を見捨てず、頑張って助けようとする姿に惹かれるんでしょうな~。

 

さらに成長した主人公がどんな活躍をしていくのか3巻も楽しみです。

 

あとはヒロイン関係…果たしてどのような展開にもっていくつもりなのか…私、気になります!

 

 

 

似ている作品

 

ナイツ&マジック

 

 

 

 交通事故で亡くなったプログラマーでロボオタクの青年が異世界転生して、とんでもないロボットをたくさん開発してしまう作品です。

 

原作はライトノベルで、アニメ化・コミックス化もされています。ライトノベルは9巻まで発売中。

 

幼少時から転生前の記憶に目覚め、巨大ロボットのためにひたすらに突っ走った結果、周りをビビらせる姿が爽快なんですよね。

 

過去の知識を駆使して、体の成長とともに自分のできることを広げていく姿が「化学で捗る魔術開発」と似ているかな~と思いました。

 

ロボット好きなら必見の作品の一つです。

 

↓ アニメ

 

↓ 漫画

 

 

 

再現使いは帰りたい

 

 

 

とある研究者の興味本位で召喚された少年が、送還までの1年間を冒険者として過ごしていくライトノベル作品。現在3巻まで発売中。

 

召喚により再現魔法という特殊魔法を持っていますが回数制限もあり万能ではありません。

 

徐々にレベルアップして強敵とも渡り合えるようになっていきますが、基本は荷物運びや材料調達など本当に一冒険者として行動している姿が印象的です。

 

あとは…3巻の引きが今までの転生物ではあまりない展開で先が気になります。果たして4巻は出るのかどうか…。

 

ちなみに似ている作品にランクインした最大の理由は…絵師がtoi8さんで「化学で捗る魔術開発」と一緒だからw

 

 

異世界薬局

 

 

 

若き薬学者が過労死して異世界に転生し、持ち前の薬学や医学の知識でその世界の医療技術をどんどん推し進めていく話です。現在7巻まで発売中。

 

こちらの主人公は幼少期に雷に打たれ、薬学者の記憶がよみがえるパターンですね。

 

作品としての雰囲気や文章構成も「化学で捗る魔術開発」とかなり似ています。

 

「化学で捗る魔術開発」が気に入った人とは相性抜群なはずなので一番お勧めしたい作品でもあります。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。